国際商事法務の出版物案内

国際商事法務(機関誌)

1988年 Vol.16 No.5

国際商事法務(1988年5月号)Vol.16 No.5(通巻311号)

○米国反トラスト法における企業内共謀理論の展開〔上〕:服部育生…373
○TOB防衛手段(第三者割当増資・営業資産の譲渡)の限界に関する米国法の発展〔上〕:増田 晋…382
○日本法を準拠法とする社債のユーロ市場における発行~最近の発行例について:松本啓二…391
○オーストラリアにおける不動産取引法の概要~クイーンズランド州を中心として〔上〕:堀 裕 監修,松田耕太郎…398
○外国会社に対するわが国の持株会社規制〔下〕:遠藤美光…405
■国際通商法の動向 再販売価格維持に関する米反トラスト法の展開:松下満雄…410
■米国法人税法の調べ方(24)先物取引による損益の期間計算には,特別のルールがあるといわれているが,それらは,どのようなものか:U.S.タックス研究会…413
■IBL講座(14)国際契約とクレーム:藤岡公夫…418
■現代法律英語入門〔契約用語編〕(第2講)DeepとIndenture:長谷川俊明…424
■海外工事請負契約の知識〔第3講〕工事請負契約の形態:大隈一武…426
■EC独禁法の学び方②制限的慣行:ジャック・ビュアール,舛井一仁…428
■スペイン語法律用語集(40)(marcario~medio):山田信彦…430
■'88ラポルトゥール・メモ GATT紛争処理手続とパネル~パネルに物申すICCの勇気:小原三佑嘉…432
■渉外判例教室 外国で行われた不法行為による損害賠償請求事件につき,日本企業の外国子会社に対するわが国の裁判管轄権を肯定した事例…412
●IBL情報 米最高裁,ディスカウンターに対する取引停止は当然違法ではない,との判決を下す/米半導体紛争:ユーザーのアタリ,メーカーのマイクロンを独禁法違反で訴える/英国における弁護士の成功報酬導入問題/ヨルダンへの投資促進セミナーの開催/トルコでの事業活動/チュニジアの新投資法/“アメリカ売ります”/日ソ法律家交流協会,モスクワでソビエト法律家協会との協力協定に調印…438
◇実務相談Q&A 新ICC調停・仲裁規則の改正点…442
◇East & West 六法全書とCodes…417
◇インド通信:安田信之…435
◇文献紹介:岩崎一生著「英文契約書~作成の理論と実務(改訂版)」…443
◇ミニ・ファイル ISDN…416,外国法事務弁護士…445
◇ワンポイント・レッスン Merit…397
◇イスラム法雑記帳(78)証拠Ⅲ…434
◇カナダ便り BC州1988年度予算…404
◇「人民日報」を読む:金 光旭…446
◇国際法務マンの独言 クラス会…381
◇最新文献情報:中川和彦,他…447
◇国際商事・海事判例紹介:岩崎一生…444
◇IBLクリッピング…450

購読ご希望の方は購読申込みフォーム

 機関誌「国際商事法務」一覧

目次の検索

現在地:トップページ機関誌「国際商事法務」