国際商事法務の出版物案内

国際商事法務(機関誌)

1991年 Vol.19 No.11

国際商事法務(1991年11月号)Vol.19 No.11(通巻353号)

○米反トラスト法合併ガイドラインの改正動向:松下満雄…1379
○国際的取引における国家安全保障利益の保護:R.ドッソー/大隈一武 訳…1384
○アンチダンピング法におけるECと米国の実務的比較:池田節雄…1391
○貸主の立場からみた英国の環境法〔上〕:仲谷栄一郎,東澤紀子…1395
○環境法と金融機関~レンダー・ライアビリティーとは何か:尾澤宏和…1402
○国際振込に関するUNCITRALモデル法草案〔仮訳〕:藤下 健…1409
○英国法における連結決算:尾形雅之…1426
○米国の留め具品質管理法と日本企業への影響:W.E.ペリー,D.M.エーデルマン…1433
○米国製造物責任法入門〔下〕:R.T.グレイグ,S.J.レヴィー…1437
○日米移転価格税制の考察〔5〕:藤枝 純…1455
○チェコ・スロヴァキア連邦共和国経済法典〔5〕:島村 博…1461
○国際経済関係法〔翻訳〕〔8・完〕:道垣内正人,他…1473
〈日本企業の関連する国際取引判例の教訓⑭〉
○仲裁条項の効力;仲裁契約の抗弁:岩崎一生…1483
○ローエイシア第12回パース大会に参加して:斉藤 武…1490
■英文契約の解釈とドラフティング(13)契約準拠法と解釈準拠法(2):早川武夫…1492
■米国法人税法の調べ方(66)割賦販売にかかわる売買益および利益の計上時期について,税法上どのようなルールが設けられているか。また,長期請負工事契約の収益はどのように扱われるか〔下〕:U.S.タックス研究会…1494
■IBL講座(56)国際契約とクレーム:藤岡公夫…1499
■現代法律英語入門〔裁判用語編〕第8講 Pleading:長谷川俊明…1502
■リーガルマインド 10月のバンコク:石川幸子…1489
■米英請負判例要覧(9)孫請負人のリーエン請求:大隈一武…1454
■ラポルトゥール・メモ 米国,輸入品の課税価格と金利について:小原三佑嘉…1504
■東南アジア事情⑪ 東南アジア全般(1):鈴木武史…1508
■渉外判例教室 米国法人の有する特許権の専用実施権設定契約の準拠法が日本法とされた事例…1460
●IBL情報 日立ヨーロッパ販売に対する過料決定/アメリカ最高裁判事候補,公聴会において反トラスト法についての見解を語る/カナダの液体空気会社の価格協定共謀に対し過去最高の罰金刑/ECの東欧援助プログラム/日本公証人連合会・ラテン系公証人国際連合常任理事会の東京開催…1518
◇実務相談Q&A 国際ビジネスと英語/日本語の将来…1516
◇ロンドンの街角 英国人と教育…1498
◇ペーパーバックに学ぶ「ハームフル・インテント~医療裁判」…1515
◇イスラム法雑記帳(120)〔前イスラムⅤ〕…1507
◇「人民日報」を読む…1408
◇国際商事・海事判例紹介…1510
◇IBLクリッピング…1517
◇最新文献情報…1512
◇事務局だより…1520

購読ご希望の方は購読申込みフォーム

 機関誌「国際商事法務」一覧

目次の検索

現在地:トップページ機関誌「国際商事法務」