国際商事法務の出版物案内

国際商事法務(機関誌)

1995年 Vol.23 No.9

国際商事法務(1995年9月号)Vol.23 No.9(通巻399号)

○米国司法省・連邦取引委員会「知的財産のライセンシングに関する反トラストガイドライン」〔全訳〕:野木村忠邦…933
○WTO体制の法的検討〔4〕アンチダンピング:松下満雄…946
○日本産ボールベアリング反ダンピング事件に関するEC第一審裁判所判決の考察:柴崎洋一,他…955
○中外合弁会社の設立・経営をめぐる法的リスクおよびその対策:沙 銀華…962
○中国最新法律事情〔3〕株式会社形式での外商投資に関する新規定:射手矢好雄,他…973
○日本企業のための米国証拠開示実務〔6〕~被告による証拠開示の利用(PL訴訟事件を例に):S.ショットランド…985
○競争政策と専門職業(OECD事務局編)〔4〕:岡谷直明…993
○オーストラリアの任意的会社管理手続〔5〕:斎藤隆広,他…1003
○ローエイシア第14回北京大会に出席して:小原喜雄…1010
■英文契約の解釈とドラフティング(59)電子文書と証拠法:早川武夫…1012
■現代法律英語入門〔英文契約書の手ほどき〕(6):長谷川俊明…1014
■米国法人税法の調べ方(112):U.S.タックス研究会…1016
■ドイツ有限会社法の実務Q&A(23):荒木和夫…1018
■実践フランス法入門(30)意思と合意に関する法律用語:松川正毅…1020
■オーストラリア法の動向(17)第2次会社法簡素化法案:R.メイソン,他…1022
■国際金融をめぐる法律実務上の諸問題(20)リーガル・オピニオン:尾澤宏和…1024
■米英請負判例要覧(55)エンジニアの決定権の範囲:大隈一武…992
■国連ロイヤーのワールドLAWレポート(30):川村亨夫…1034
●国際取引・知的財産法の学び方(21):山本孝夫…1007
●ワシントン・リポート(国際通商・投資問題)…1028
●アメリカ法務の指針…984
●渉外判例教室…1006
●IBL情報 オンキョーU.S.A.社,再販売価格維持の廉で22万5,000ドルの罰金,他…1042
◇国際商事・海事判例紹介…1036
◇最新文献情報…1038
◇ペーパーバックに学ぶ…1027
◇文献紹介「懲罰的賠償額」…1040
◇「人民日報」を読む…1013
◇クリッピング…1041
◇事務局だより…1046

購読ご希望の方は購読申込みフォーム

 機関誌「国際商事法務」一覧

目次の検索

現在地:トップページ機関誌「国際商事法務」