国際商事法務の出版物案内

国際商事法務(機関誌)

2014年 Vol.42 No.3

国際商事法務(2014年3号)Vol.42 No.3(通巻621号)

○独占禁止法の新たな地平⑥現時点における独占禁止法の課題:村上政博…335
○競争法違反に基づく損害賠償請求に関する調和したEUルールを目指して:ステファン・オフロフ,他…344
○環境関連事業と情報開示,市民参画と司法アクセス〔上〕:山根裕子…349
○イギリス2006年会社法における取締役の責任:大塚章男…359
○中国会社法の改正と外資系企業への影響:安 然,他…372
○インド新会社法の概略について〔下〕:播摩洋平…377
○スペイン「商事会社の組織再編に関する法律」〔1〕:黒田清彦…389
○TIBORと独占禁止法〔下〕:栗田 誠…395
○トルコの労働法〔下〕:水口美穂,他…411
○シンガポール国際仲裁の実務〔6〕:青木 大…415
○国際商事法の事件簿⑲国際倒産事件①:長谷川俊明…424
○国際コンプライアンスの研究(第二部)②:白井真人…428
○米国ディスカバリのすべて~日本企業にとっての重要ポイント⑪:エドワードH.リッピー,他…431
○国際取引法研究の最前線⑳:高橋麻奈…434
○世界の法制度〔欧州編〕⑱フィンランド:遠藤 誠…438
■中国最新法律事情(197)国務院による政府が審査確認を行う投資プロジェクト目録の発布に関する通知:山口健次郎…445
■中国案例百選(205)代物弁済の成立及び効力について判断した事例:村上幸隆…450
■中国ビジネス法務Q&A(106)合弁会社董事会の権限の削減:久田眞吾…452
■上海ウオッチ㉜中国の改正「会社法」と資本金制度の改革:高 革慧…454
■中国法令速報(197):森川伸吾…456
○EC企業法判例研究(180)瑕疵の軽微ゆえ解除が排除された場合の訴訟上の減額の可能性:原田 剛…458
○米国知財重要判例紹介(84):ユアサハラ法律特許事務所国際知財判例研究会…466
○〔新連載〕ザ・欧米法務の最前線①米国における標準必須特許紛争の最近の動向:リオン・グリンフィールド,他…470
○EU企業買収法制の動向③取締役会の中立義務:三浦哲男…474
○グローバル企業法研修基礎講座(27)海外子会社の不法行為に対する親会社の責任:井原 宏…478
■英文契約500のQ&A(216):長谷川俊明…484
■インターネット法判例紹介(190):平野 晋…486
■韓国法事情(161)怠業に対する賃金支払いの義務〔下〕:金 祥洙…488
■ブラッセル・ウオッチ(222):J-Fベリス…490
■IBL情報 米司法省,自動車関連部品に係る価格カルテルに関して,小糸製作所が有罪答弁に同意した旨公表,他…498
■海外見聞記(115)米国ディープサウスへの旅③:鹿住一夫…493

◇渉外判例教室…410◇最新文献情報…469◇オー!ミステイク…449
◇クリッピング…501◇一口メモリー…430◇事務局だより…502

購読ご希望の方は購読申込みフォーム

 機関誌「国際商事法務」一覧

目次の検索

現在地:トップページ機関誌「国際商事法務」