国際商事法務の出版物案内

国際商事法務(機関誌)

2014年 Vol.42 No.2

国際商事法務(2014年2号)Vol.42 No.2(通巻620号)

○TIBORと独占禁止法:栗田 誠…167
○インド新会社法の概略について:播摩洋平…181
○トルコの労働法:水口美穂,他…195
○東京高裁のJASRAC審決取消判決について〔下〕:田中 寿…199
○中国における分割型の倒産処理に関する実践と検討:康 陽…211
○COMIの認定の近時の傾向について〔下〕:阿部信一郎…216
○独占禁止法の新たな地平⑤日本音楽著作権協会事件東京高裁判決〔下〕:村上政博…225
○シンガポール国際仲裁の実務〔5〕:青木 大…233
○国際商事法の事件簿⑱フェアユース問題:長谷川俊明…239
○国際コンプライアンスの研究(第二部)①:渡邊隆彦…243
○米国ディスカバリのすべて~日本企業にとっての重要ポイント⑩:エドワードH.リッピー,他…246
○国際取引法研究の最前線⑲:ジョン・リベイロ…249
○フランス企業法判例研究〔第11回〕:大橋麻也…253
○世界の法制度〔欧州編〕⑰ノルウェー:遠藤 誠…261
○システム開発と契約責任:原田 肇…258
■中国企業破産法を適用するうえでのいくつかの問題(二):粟津光世…268
■中国最新法律事情(196)旅行法の制定について:湯浅紀佳…277
■中国案例百選(204)商標使用許諾契約のライセンシーが商標専用権侵害を主張して訴訟提起した事案:溝内伸治郎…282
■中国ビジネス法務Q&A(105)中国における商業ファクタリング会社の設立について:翁 道逵…292
■上海ウオッチ㉛中国における裁判文書の公開制度:高 革慧…294
■中国法令速報(196):森川伸吾…296
○EC企業法判例研究(179)リスボン条約後のTRIPs協定に関するEUの権限:中西優美子…298
○米国知財重要判例紹介(83):ユアサハラ法律特許事務所国際知財判例研究会…304
○EU企業買収法制の動向②「企業買収指令」の全般的な構成:三浦哲男…308
○グローバル企業法研修基礎講座(26)法人格否認の法理に基づく親会社の責任:井原 宏…312
■英文契約500のQ&A(215):長谷川俊明…318
■インターネット法判例紹介(189):平野 晋…320
■韓国法事情(160)怠業に対する賃金支払いの義務〔上〕:金 祥洙…322
■ブラッセル・ウオッチ(221):J-Fベリス…289
■IBL情報 欧州委員会,企業結合簡易審査手続の改正等を公表,他…329
■海外見聞記(114)米国ディープサウスへの旅②:鹿住一夫…324

◇渉外判例教室…194◇最新文献情報…260◇オー!ミステイク…245
◇クリッピング…232◇一口メモリー…210◇事務局だより…334

購読ご希望の方は購読申込みフォーム

 機関誌「国際商事法務」一覧

目次の検索

現在地:トップページ機関誌「国際商事法務」