国際商事法務の出版物案内

国際商事法務(機関誌)

2013年 Vol.41 No.11

国際商事法務(2013年11号)Vol.41 No.11(通巻617号)

○ミャンマーにおける贈収賄に関する法規制:行方國雄,他…1597
○トルコにおけるM&A:山神 理,他…1602
○部品カルテル問題と日米欧独占禁止法の域外適用〔2・完〕:越知保見…1609
○独占禁止法の新たな地平②不公正な取引方法の各禁止行為とその理論上の脆弱性:村上政博…1623
○シンガポール国際仲裁の実務〔2〕:青木 大…1637
○インドにおける小売業の投資規制:播摩洋平…1649
○CIETACによる中国企業を当事者とする仲裁判断におけるウィーン動産売買条約の解釈に関する研究〔上〕:瀬々敦子…1653
○国際コンプライアンスの研究④:田中誠和…1664
○米国ディスカバリのすべて~日本企業にとっての重要ポイント⑦:エドワードH.リッピー,他…1667
○国際商事法の事件簿⑮国際的消極的確認の訴え:長谷川俊明…1670
○国際取引法研究の最前線⑯:増田史子…1674
○世界の法制度〔欧州編〕⑭デンマーク:遠藤 誠…1687
■中国国際経済貿易仲裁委員会の分裂とその後実務に関するまとめ:麦 志明…1693
■中国最新法律事情(194)中国(上海)自由貿易試験区について:孫 海萍…1705
■中国案例百選(201)当事者間に和解が成立したことを理由として人民検察院の控訴再審手続が終結した事例:暁 琢也…1714
■中国ビジネス法務Q&A(102)営業秘密の侵害行為の差し止め:神保宏充…1716
■中国律師の眼(23)中国戸籍制度と二元化社会:朱 宝玲…1718
■上海ウオッチ㉘上海自由貿易実験区における会社設立手続:高 革慧…1722
■中国法令速報(193):森川伸吾…1724
○EC企業法判例研究(176)EU委員会のカルテル課徴金賦課と損害賠償請求訴訟における情報利用〔上〕:平川幸彦…1678
○米国知財重要判例紹介(80):ユアサハラ法律特許事務所国際知財判例研究会…1726
○グローバル企業法研修基礎講座(23)中国M&Aに伴う問題(2):今井崇敦…1730
■英文契約500のQ&A(212):長谷川俊明…1736
■インターネット法判例紹介(186):平野 晋…1738
■韓国法事情(157)枯葉剤を原因とする国際不法行為訴訟〔下〕:金 祥洙…1740
■ベトナム重要新法例ニュース(24):粟津卓郎,他…1742
■ブラッセル・ウオッチ(218):J-Fベリス…1744
■IBL情報 米司法省,USエアウェイズ及びアメリカン航空の合併案の差止めを求めて提訴したことに関する反トラスト局長の声明を公表,他…1752
■IBLレビュー⑥輸出取引の収益計上時期について:小原三佑嘉…1746
■海外見聞記(111)シカゴへの旅⑤:鹿住一夫…1748
■文献紹介「EUの国際民事訴訟法判例Ⅱ」石川 明,他編:渡部美由紀…1713

◇渉外判例教室…1608◇最新文献情報…1735◇オー!ミステイク…1721
◇クリッピング…1666◇一口メモリー…1648◇事務局だより…1758

購読ご希望の方は購読申込みフォーム

 機関誌「国際商事法務」一覧

目次の検索

現在地:トップページ機関誌「国際商事法務」