国際商事法務の出版物案内

国際商事法務(機関誌)

2010年 Vol.38 No.1

国際商事法務(2010年1月号)Vol.38 No.1(通巻571号)

○地球温暖化防止策としての環境税/排出量取引制度のWTO整合性:松下満雄…1
○ウィーン国際売買条約(CISG)と国際法務:長谷川俊明…10
○企業再編に伴う合併がライセンス譲渡禁止に抵触するとした米国連邦控訴裁判所(第6巡回区)判決について:西 美友加…13
○インドにおける外国ベンチャーキャピタル投資規制:大河内 亮,他…18
○改正中国会社法のコーポレート・ガバナンスに関する比較法的考察~日本,ドイツ,米国と比較して〔上〕:瀬々敦子…27
○わが国抵触法体系における利息制限法の位置付けに関する一考察:嶋 拓哉…37
○不正競争防止に関する各国の法制度〔19〕~フランス②:牧山嘉道,他…45
〔新連載〕米国ディスカバリ手続の法と実務:土井悦生,他…50
○不正競争行為及び競争制限行為の準拠法〔中〕:宗田貴行…57
■日中間における技術援助に関するPE認定に伴う対策とその問題点〔下〕:村尾龍雄…62
■中国における会社の解散及び清算手続〔下〕:趙 軍…71
■世界の中の中国契約法(合同法)〔下〕:國生一彦…81
■中国最新法律事情(153)中国の「独占禁止法」に関する最新規定:張 継文…94
■中国案例百選(155)ソフトウェア著作権を侵害した事例:西村峯裕,他…98
■中国ビジネス法務Q&A(56)中国におけるオンラインゲーム事業の規制:高 革慧…102
■中国法令速報(147):北川祥一…104
○EC企業法判例研究(130)~未取得年休の金銭補償とEC労働時間指令との抵触:今野裕之 監修/名古道功…106
○米国知財重要判例紹介(34)人の脂肪細胞に関する特許発明について,共同発明者が誰であるかが争われた事例:ユアサハラ法律特許事務所国際知財判例研究会…111
○アメリカ/EUビジネスロー・レビュー〔21〕:ホーガン・ハートソン法律事務所…115
○補追『アメリカ不法行為法』~判例と学説(製造物責任法)〔28〕:平野 晋…118
■英文契約400のQ&A(166):長谷川俊明…124
■インターネット法判例紹介(140):平野 晋…126
■韓国法事情(111)成年後見に関する民法改正案について〔下〕:金 祥洙…128
■ブラッセル・ウオッチ(172):I.ヴァンバール…121
■〔新連載〕ベトナム重要新法令ニュース:粟津卓郎…132
■IBL情報 FTC,パナソニックによる三洋の取得を条件付で承認,他…138
■海外見聞記(68)<米国南東部4州とワシントンへの旅②>:鹿住一夫…134
◇渉外判例教室…36◇最新文献情報…101◇オー!ミステイク…117◇クリッピング…97◇事務局だより…142

購読ご希望の方は購読申込みフォーム

 機関誌「国際商事法務」一覧

目次の検索

現在地:トップページ機関誌「国際商事法務」