国際商事法務の出版物案内

国際商事法務(機関誌)

2009年 Vol.37 No.6

国際商事法務(2009年6月号)Vol.37 No.6(通巻564号)

○米オバマ政権の反トラスト政策の課題:野木村忠邦…719
○ウィーン売買条約における契約責任:加藤亮太郎…726
○EU企業結合規制における欧州委員会の意思決定プロセスの展開:ヨナス・コポネン,他…737
 ~要求される証拠の量と質,時計の使い方の問題を中心に 
○欧州労使協議会指令の改定の動き:ジェームズR.M.キリック…747
○英国の事業譲渡規則TUPEの研究〔下〕:奥平 旋…752
○金融危機とガバナンスの番人:藤田利之…761
○不正競争防止に関する各国の法制度〔12〕~米国①:牧山嘉道,他…768
○スウェーデン消費者紛争解決手続〔6・完〕:宗田貴行…773
○モンゴルの投資関係法規〔5〕:櫻井雅夫…785
○欧州共同体関税法典を定める2008年4月23日の欧州議会及び理事会規則(欧州共同体2008年450号、現代化関税法典)〔全訳〕〔6〕:中村匡志…780
■中国独占禁止法~執行体制・実施規定・具体的事例〔中〕:川島富士雄…790
■中国の民事再審制度モデル変遷について〔上〕:湯 維健…796
■中国最新法律事情(146)中国のITセキュリティ製品の強制認証制度:遠藤 誠…808
■中国案例百選(148)日本商事仲裁協会の仲裁判断が,中国の法院で承認が拒絶されたケース:粟津光世…803
■中国ビジネス法務Q&A(49)中国の改正「会社法」と外資独資企業:久田眞吾…814
■中国法令速報(140):大渕愛子…816
○EC企業法判例研究(123)~EC独占禁止法における課徴金の算定と「単一の継続的なカルテル」〔下〕:今野裕之 監修/平川幸彦…818
○米国知財重要判例紹介(27)ネットワークを利用した放送録画・送信サービスと著作権侵害の成否:ユアサハラ法律特許事務所国際知財判例研究会…828
○アメリカ/EUビジネスロー・レビュー〔14〕:ホーガン・ハートソン法律事務所…832
○補追『アメリカ不法行為法』~判例と学説(製造物責任法)〔21〕:平野 晋…835
■英文契約400のQ&A(159):長谷川俊明…842
■インターネット法判例紹介(133):平野 晋…844
■韓国法事情(104)他人名義の口座の預金主は誰か〔下〕:金 祥洙…849
●ブラッセル・ウオッチ(165):I.ヴァンバール…846
●IBL情報 国際航空会社3社,航空貨物の運賃カルテルについて有罪答弁を行うことに同意,他…860
■海外見聞記(61)エジプトへの旅④…854
◇渉外判例教室…736◇米英請負判例要覧…834◇最新文献情報…859◇オー!ミステイク…813◇ザ・ロースクール…784◇クリッピング…853◇事務局だより…864

購読ご希望の方は購読申込みフォーム

 機関誌「国際商事法務」一覧

目次の検索

現在地:トップページ機関誌「国際商事法務」