国際商事法務の出版物案内

国際商事法務(機関誌)

2019年 Vol.47, No.10

国際商事法務(2019年10号)Vol.47, No.10(通巻688号)

○国際企業結合の届出とガン・ジャンピング:牛嶋龍之介…1199
○欧州ワークス・カウンシルの概説とBrexitによる影響:ピーター デ コスタ,他…1209
○〔短報〕ドイツの再生可能エネルギー法(EEG)に関する近時の動向と今後の展開:小林 寛…1215
○マレーシア汚職防止委員会法改正及びASEANの贈収賄関連規制概説:佐野和樹…1219
○セオリーオブハームの多角的考察〔下〕:越知保見…1226
○独占禁止法の新潮流(第6回)山陽マルナカ事件審判審決と優越的地位の濫用:村上政博…1237
■国際取引法学会〈研究報告〉(100) 暗号資産交換業者における約款:栁田宗彦…1250
■国際取引法学会〈研究報告〉(101) 一帯一路イニシアティブにおける契約法の共通基盤形成の意義と可能性:平野温郎…1256
☆WTOアンチダンピング等最新判例解説〔52〕協定不整合なアンチダンピング措置及び相殺関税措置に対する譲許停止額の算定:西村祥平…1261
○国際コンプライアンスの研究(第二部)〔68〕デジタル通貨を巡る国際取引法上の一考察:内山 楓…1269
○国際取引法研究の最前線〔86〕仮想通貨(暗号資産)の法的性質を巡る中国裁判例の紹介:劉 翹楚,他…1274
○〔新連載〕会社の改革をどのように進めるのか(1)OECDコーポレートガバナンス・コードの変遷とその影響:三浦哲男…1279
■中国における民商事裁判の最新動向:孫 彦…1285
■中国案例百選(272)中国の弁護士調査令制度:加藤文人…1289
■中国ビジネス法務Q&A(173)中国における内部通報制度:神保宏充…1296
■上海ウオッチ〔99〕中国会社法における少数株主の権利について:高 革慧…1298
■中国法令速報(264):森川伸吾…1300
○EC企業法判例研究〔247〕食品の味と「著作物」の概念:今野裕之…1302
○世界の法制度〔米州編〕㉚バミューダ:遠藤 誠…1306
○英文契約600のQ&A(283):長谷川俊明…1314
○韓国法事情(228)カーマスターは労働者であるか:金 祥洙…1316
○ブラッセル・ウオッチ(289):J-F ベリス…1318
○IBL情報 欧州委員会は,Amazonが,マーケットプレイス上の販売者に関する機微な情報を利用している疑いで,欧州競争法第101条及び第102条の観点から正式調査を開始,他…1328
■海外見聞記(182)イタリアへの旅②:鹿住一夫…1324
○〈エッセイ〉英仏愛憎物語㉕アフリカ編:小川秀樹…1322
☆ドバイ便り㉖:森下真生…1295
◇書評『WTO/FTA/cpTPP』飯野 文著:松下満雄…1278

◇渉外判例教室…1214◇アメリカ法分析…1213◇最新文献情報…1327◇アクセス・ツー英米誤考…1273
◇一口メモリー…1284◇クリッピング…1288◇IBL緊急伝言…1313◇事務局だより…1330

購読ご希望の方は購読申込みフォーム

 機関誌「国際商事法務」一覧

目次の検索

現在地:トップページ機関誌「国際商事法務」