国際商事法務の出版物案内

国際商事法務(機関誌)

2019年 Vol.47 No.6

国際商事法務(2019年6号)Vol.47, No.6(通巻684号)

○最近のシンガポール国際商事裁判所の仮想通貨に関する判決:小梁吉章…683
○シェブロン事件Ⅱ第2部分判断及びイーライリリー事件最終判断の分析〔上〕:福永有夏…691
○事例から学ぶ中国における営業秘密漏洩の対応策:孫 彦…700
○香港における腐敗防止法制〔下〕:絹川恭久…707
○独占禁止法の新潮流(第2回)協同組合への適用除外と土佐あき農業協同組合事件:村上政博…715
■国際取引法学会〈研究報告〉(92) メキシコの競争法と確約手続き:阿部博友…722
■国際取引法学会〈研究報告〉(93) 意図的な契約違反に対する「利益吐き出し」法理について:志馬康紀…728
○(連載)いわゆるボイラープレート(“BP”)条項の研究③国際取引契約条項の解釈:杉浦保友…735
☆WTOアンチダンピング等最新判例解説○48[NAFTA]強光沢紙に対する相殺関税に係る二国間パネル審査:高宮雄介…742
○国際コンプライアンスの研究(第二部)〔64〕AIの倫理問題(上):浅井敏雄…752
○国際取引法研究の最前線〔82〕海洋プラスチックごみに関する環境規制の動向と課題(2):木村ひとみ…755
■中国最新法律事情(231)中国の不正競争防止法,商標法及び行政許可法の改正:鈴木幹太,他…759
■中国案例百選(268)信用状記載の情報に関する通知内容に誤りがあった場合における損害賠償の範囲に関し,最高人民法院が判断した事例:池田良輔…764
■中国ビジネス法務Q&A(169)中国企業との取引と仲裁機関の指定:久田眞吾…766
■上海ウオッチ〔95〕中国「企業破産法」に関する司法解釈〔三〕:高 革慧…768
■中国法令速報(260):森川伸吾…770
○EC企業法判例研究〔243〕EC消費用動産売買指令と特約による消滅時効期間の短縮:亀岡倫史…772
○ザ・欧米法務の最前線㊷GDPRに基づく制裁金決定と実務に与える影響に関する検討:杉本武重,他…780
○世界の法制度〔米州編〕㉖ガイアナ:遠藤 誠…784
○英文契約600のQ&A(279):長谷川俊明…790
○韓国法事情(224)日韓租税条約上の「恒久的住居」が問題となった事例:金 祥洙…792
○ブラッセル・ウオッチ(285):J-F ベリス…794
○IBL情報 欧州委員会は,国境を越えた販売を制限したとして,Nikeに対して1250万ユーロの制裁金を賦課(要約),他…806
■海外見聞記(178)西地中海クルーズへの旅④:鹿住一夫…801
○〈エッセイ〉英仏愛憎物語㉑アフリカ編:小川秀樹…798
☆ドバイ便り㉒:森下真生…800
◇書評『日本とドイツにおける株式会社法の発展』高橋英治著:栗田いづみ…734

◇渉外判例教室…714◇アメリカ法分析…690◇最新文献情報…805◇アクセス・ツー英米誤考…758
◇一口メモリー…706◇クリッピング…733◇事務局だより…810

購読ご希望の方は購読申込みフォーム

 機関誌「国際商事法務」一覧

目次の検索

現在地:トップページ機関誌「国際商事法務」