国際商事法務の出版物案内

国際商事法務(機関誌)

2016年 Vol.44 No.1

国際商事法務(2016年1号)Vol.44 No.1(通巻643号)

○投資仲裁における透明性~日本における透明性の重要性〔上〕:ジョアオン・リベイロ,他…1
○独VWの排ガス不正~問われるガバナンス体制:藤田利之…10
○アメリカの自治体における荒廃建築物改善処理に関する法的問題:山岡公一…17
○アメリカ連邦倒産法チャプター11手続の現状と課題〔中〕:粕谷宇史,他…27
○カンボジアにおける投資及びM&A法制の概要〔下〕:永田有吾,他…35
○〈新版〉英法系諸国の会社法〔18〕:イギリス会社法研究会/川島いづみ…43
○●独占禁止法の新たな地平㉑ 適用除外規定との調整原則~独占禁止法の射程範囲その2:村上政博…51
○■国際取引法学会〈研究報告〉⑪コーポレート・インバージョンの問題点と日米の税制比較:加本 亘…60
○■国際取引法学会〈研究報告〉⑫特区・企業誘致・法~欧州における管理運営主体等の紹介:徳本 穣…66
○☆WTOアンチダンピング等最新判例解説⑦ 相殺措置調査における公的機関性,市場ベンチマークの判断基準,ファクツ・アベイラブル及び累積的評価:上野一英…71
○国際コンプライアンスの研究(第二部)〔23〕ESG情報開示とESG投資をめぐる状況について:今井 佑…79
○国際取引法研究の最前線㊶タイ抵当制度改革:西澤希久男…82
○世界の法制度〔欧州編〕㊵モナコ:遠藤 誠…86
○著作権法改革が必要なこれだけの理由〔下-4〕:城所岩生…92
○ガバナンス改革と日本人の帰属意識:長谷川俊明…100
■中国人民法院の判決と「相互の保証」(東京高判平成27・11・25):森川伸吾…103
■中国案例百選(227)中国の契約法第42条が定める締約過失責任についての事例:加藤文人…109
■中国ビジネス法務Q&A(128)中国におけるソフトウェア開発契約:神保宏充…116
■上海ウオッチ〔54〕OEM生産と商標権侵害に関する最高人民法院の最新判決:高 革慧…118
■中国法令速報(219):森川伸吾・・・120
○EC企業法判例研究〔202〕製造物責任訴訟の国際裁判管轄(加害行為地の決定):安達栄司…122
○米国知財重要判例紹介(106):ユアサハラ法律特許事務所国際知財判例研究会・・・127
○ザ・欧米法務の最前線㉓EUの企業結合規制における問題解消措置の最近の展開〔下〕:フレデリック・ルイ,他…132
○インフラ契約における論争の展開~欧州の研究者の議論を検討する(1):三浦哲男…138
○国際契約法研修基礎講座⑲ 国際リース契約(2):高田 寛…142
○英文契約500のQ&A(238):長谷川俊明・・・150
○アメリカ・ビジネス判例の読み方⑩:平野 晋・・・152
○韓国法事情(183)「代理店取引の公正化に関する法律」の制定〔上〕:金 祥洙…154
○ベトナム重要新法令ニュース㊲:粟津卓郎,他…156
○ブラッセル・ウオッチ(244):J-F ベリス…158
○IBL情報 欧州委員会,国際スケート連盟(ISU)の定める適格性規則について正式審査を開始,他…164
■海外見聞記(137)インドへの旅⑥:鹿住一夫…162
○追悼 ジョン・H・ジャクソン教授の思い出:松下満雄…108
◇渉外判例教室・・・34◇最新文献情報・・・161◇オー!ミステイク・・・126
◇クリッピング・・・78◇一口メモリー・・・33◇事務局だより・・・168

購読ご希望の方は購読申込みフォーム

 機関誌「国際商事法務」一覧

目次の検索

現在地:トップページ機関誌「国際商事法務」