2024/7/4

シンポジウム「2030年までに司法を変えよう!―多様性・創造性・国際性のある司法へ-(7/4)

2030年は、国連が採択したSDGs17ゴールの達成目標年度です(2030アジェンダ)。
今、日本と世界の様相は大きく変わりつつあります。
ところが、日本の司法は1900年代後半のままで、「専門知識は法律だけ」という弁護士や裁判官ばかりです。
包摂的で持続可能な社会を推進するためにも、性別や国籍を問わず、多様な知識経験を持つ者が活躍する、創造的な司法が求められています。
本シンポジウムでは「2030年までに司法をどう変えるか」を考えます。

※申込は、QRコード又はURL( https://forms.gle/TXtvBQTbygB7xzy8A )よりお申込みください。
 参加費:無料