国際商事法務の出版物案内

国際商事法務(機関誌)

1991年 Vol.19 No.8

国際商事法務(1991年8月号)Vol.19 No.8(通巻350号)

○英国における不動産開発規制について〔上〕:尾形雅之…931
○ボーデン社の反トラスト法遵守マニュアル〔上〕:米国反トラスト法研究会 訳…949
○国際的な株式公開買付けにおける抵触法上の諸問題〔下〕:元永和彦…961
○日米移転価格税制の考察〔3〕:藤枝 純…975
○チェコ・スロヴァキアの投資法〔上〕:チェコ・スロヴァキア外国投資庁 編…981
○チェコ・スロヴァキア連邦共和国経済法典〔2〕:島村 博…987
○運送ターミナル・オペレーターの責任に関する条約採択会議の報告:藤下 健…995
○いわゆる電子式船荷証券について:新堀 聰…1007
○厳格製造物責任の弊害と訴訟に頼らない賠償制度の提案〔2〕:平野 晋…1014
○国際経済関係法〔翻訳〕〔5〕:道垣内正人,他…1020
○EC通商法ガイダンス〔下〕:U.バーク,他/中田浩一郎 訳…1025
○米国法律協会の会社の管理プロジェクト〔14〕:吉田 直 訳…1034
■英文契約の解釈とドラフティング(10)文書全体からの解釈:早川武夫…1046
■米国法人税法の調べ方(63)発生主義による場合,主要な損益金項目の帰属年度は,具体的にどのようになるか:U.S.タックス研究会…1048
■IBL講座(53)国際契約とクレーム:藤岡公夫…1055
■現代法律英語入門〔裁判用語編〕第5講 Service of Process:長谷川俊明…1058
■アジア会社法入門(20)香港会社法(2):安田信之…1060
■リーガルマインド 古くて新しい課題:石川幸子…1071
■米英請負判例要覧(6)予定損害賠償額:大隈一武…986
■ラポルトゥール・メモ 新ICC国際ルールの適用上の問題点:小原三佑嘉…1062
■東南アジア事情⑧ ラオス:鈴木武史…1064
■渉外判例教室 定期傭船された船舶の運送において船長名義で船荷証券が発行された場合,船荷証券の運送人が船主となるとした事例…1054
●IBL情報 ブッシュ政権による共同生産法案の議会提出/EC委員会,コニャックの輸出禁止で制裁金を科す/反トラスト局とFTC,東欧の競争政策支援のための資金を獲得/ブルガリア議会,競争法案を検討中/英国独占合併委員会,自動車販売の複合独占を解明/英国における医薬品PL訴訟の和解/英国,仲裁法の改正検討/日本国際経済法学会の設立…1078
◇実務相談Q&A メーカーの商社経由輸出手続の船積書類作成料の負担先…1074
◇ロンドンの街角 ケンブリッジ大学の小景…1073
◇ペーパーバックに学ぶ「ウォール街は眠らない」…1075
◇文献紹介「独占禁止法の日米比較〔上〕」…1076
◇イスラム法雑記帳(117)〔続・前イスラム〕…1072
◇「人民日報」を読む…994
◇国際商事・海事判例紹介…1066
◇IBLクリッピング…1077
◇最新文献情報…1068
◇事務局だより…1082

購読ご希望の方は購読申込みフォーム

 機関誌「国際商事法務」一覧

目次の検索

現在地:トップページ機関誌「国際商事法務」