国際商事法務の出版物案内

国際商事法務(機関誌)

2004年 Vol.32 No.12

国際商事法務(2004年12月号)Vol.32 No.12(通巻510号)

○米国1916年AD法に関する損害回復法の解説:廣瀬 孝…1593
○国際証券取引における英文開示と会計基準:松本啓二…1600
○二国間投資協定はいかにして日本の投資家を保護できるか:R.T. グレイグ,他…1607
○銀行の破綻処理と市場規律~日米の比較:滝川敏明…1613
○株主総会における電子的手段の採用と総会のあり方〔下〕:森脇祥弘…1621
○一定の範疇に属する技術移転契約に条約の第81条第3項を適用する2004年4月27日の欧州委員会規則(EC)No 772/2004(訳):柴崎勢治…1635
○2004年ドイツ福祉社会構造改革プログラム;アジェンダ2010の施行:池田良一…1643
○ドイツにおける団体訴訟の新展開〔下〕:宗田貴行…1650
■中国WTO加盟後,外資保険に対する規制緩和:沙 銀華…1659
■中国契約法の比較法的考察~日本,ドイツ,フランスと比較して〔3〕:瀬々敦子…1667
■中国で法律を学ぶ(3)秋高気爽:石川耕治…1676
■中国最新法律事情(112)外国投資家が投資により投資性会社を設立・運営することに関する規定の改正:張 継文,他…1672
■中国案例百選(94)騒音被害損害賠償事件:西村峯裕,他…1716
■中国法令速報(86):森川伸吾…1714
○EC企業法判例研究(69)~EC委員会の対外的権能の範囲:今野裕之監修/中西優美子…1679
○ビジネスパーソンのための米カリフォルニア法実務講座(51):下田範幸…1684
○EUにおけるコーポレート・ガバナンスの新しい動き〔4〕会計監査:J. マクレナン…1689
○租税条約と国内税法の交錯〔30〕:井上康一,他…1694
○カンボディア王国民事訴訟法日本語条文案(判決手続編)(28)…1706
○米連邦最高裁の判決文鑑賞~アメリカ法と英語の勉強を兼ねて(22):藤田泰弘…1701
〈小説〉トレード・ウォー~創作されるダンピング(38):鹿住一夫…1708
■英文契約300のQ&A(105):長谷川俊明…1710
■インターネット法判例紹介(79):平野 晋…1712
■韓国法事情(50)支配会社の株主は従属会社の理事に対して株主代表訴訟を提起できるか:金 祥洙…1728
●ブラッセル・ウオッチ(111):I.ヴァンバール…1730
●国際商事・海事判例紹介:岩崎一生…1732
●IBL情報 共謀における役割に対し日本電極に22万5000ドルの罰金,他…1734
■海外見聞記(8)<フロリダへの旅>…1719
〔付録〕VOl.32総目次(No.1~No.12)
◇渉外判例教室…1612◇米英請負判例要覧…1642◇最新文献情報…1658◇オー!ミステイク…1729◇サンフランシスコ便り…1705◇クリッピング…1731◇事務局だより…1738

購読ご希望の方は購読申込みフォーム

 機関誌「国際商事法務」一覧

目次の検索

現在地:トップページ機関誌「国際商事法務」