国際商事法務の出版物案内

国際商事法務(機関誌)

2011年 Vol.39 No.2

国際商事法務(2011年2月号)Vol.39 No.2(通巻584号)

○検索エンジン提携をめぐる独禁法上の問題:パメラ・ジョーンズ・ハーバー…155
○「海峡両岸経済協力枠組み協定」(ECFA)に基づく原産地規則について:吉崎 猛,他…165
○インドにおけるみなし公開会社規制〔上〕:琴浦 諒…169
○企業の意思決定と従業員参加制度の限界〔上〕:上田廣美…179
○2010年上半期における中国国内ストライキについての考察:麦 志明…185
○体系的コモンロー契約の基礎講座〔第2回〕:國生一彦…195
○経済連携協定(EPA)における知的財産分野の交渉〔3〕:小山隆史…200
【イギリス会社法研究〔第5回〕】
○英国のエクイティ・ファイナンス法制〔下〕:河村賢治…206
【欧州各国の株式会社の機関とコーポレートガバナンス⑩】
○ポルトガル会社法:ヴィトール・マルケス・ダ・クルス…216
○米国ビジネス法の解説⑥契約法(4):瀬々敦子…220
○或る「DS日記」伝〔上〕:末冨純子…227
○オフショア法律講座〔新連載〕:塩川純子…224
○中国におけるベンチャー・キャピタルの法的規整:徐進…239
■中国最新法律事情(166)中国における価格独占禁止に関する規定の制定について:康 石…250
■中国案例百選(168)欠席判決によって株主による会計帳簿閲覧請求が認容された事例:曉琢也…256
■中国ビジネス法務Q&A(69)中国の関税による知的財産権の保護:叢 厳…258
■中国律師の眼(9)金融危機背景下における中国金融法律制度及び金融監督改革に関する考察:朱 宝玲…245
■中国法令速報(160):森川伸吾…260
○EC企業法判例研究(143)EC航空運送旅客補償規則の適用範囲:桑原康行…262
○米国知財重要判例紹介(47):ユアサハラ法律特許事務所国際知財判例研究会…268
■アメリカ/EUビジネスロー・レビュー(33):ホーガン・ロヴェルズ法律事務所…277
■補追『アメリカ不法行為法』」~判例と学説(名誉とプライバシーとサイバー不法行為法)(37):平野 晋…271
■国際知的財産法研修基礎講座⑪知的財産権に関する国際裁判管轄と準拠法(1):河村寛治…281
■英文契約400のQ&A(179):長谷川俊明…286
■インターネット法判例紹介(153):平野 晋…288
■韓国法事情(124)金融取引関連文書の提出命令と違憲の当否:金 祥洙…290
■ブラッセル・ウオッチ(185):I.ヴァンバール…294
■IBL情報 欧州委員会,競争者間の協力協定に係る評価に関する規則及びガイドラインを改定,他…303
■海外見聞記(80)〈スコットランドへの旅②〉:鹿住一夫…298
◇渉外判例教室…178◇最新文献情報…280◇オー!ミステイク…276◇クリッピング…302◇事務局だより…310

購読ご希望の方は購読申込みフォーム

 機関誌「国際商事法務」一覧

目次の検索

現在地:トップページ機関誌「国際商事法務」