国際商事法務の出版物案内

国際商事法務(機関誌)

2007年 Vol.35 No.4

国際商事法務(2007年4月号)Vol.35 No.4(通巻538号)

○中国会社法,証券法下の内部統制システム整備と評価,報告制度:長谷川俊明,他…445
○組織再編におけるヨーロッパ会社法制の特色〔下〕:笹川敏彦…450
○ドイツの郵政民営化とEC条約87条:鞠子公男…457
○運送業におけるEC独占禁止法の展開:荒木雅也…465
○情報取引法についての一考察〔中〕:國生一彦…474
○企業の社会的責任~企業はフェア・トレードを行う責任があるか〔下〕:J.ダイン…489
○タイ外国人事業法の改正案について:瀬々敦子…498
○問題のある契約を脱退する方法~リスクと成果:D.ラウトン,他…501
○米国のアンチ・ダンピング手続における「ゼロイング゙」〔7〕:廣瀬 孝…505
 IBLイングリッシュ・ロイヤーズ・クラブ<報告>
○英国新会社法研究シリーズ〔11〕~英国における公開買付ルール:乗越秀夫…510
○渉外実務の手引き〔11・完〕中国における製造物責任,模倣品対策〔下〕:大阪弁護士会渉外実務研究会…515
■中国最新法律事情(132)「中華人民共和国物権法」の制定:胡 晗…524 
■中国案例百選(122)近視矯正器具についての販売者のPL責任:重村達郎…527
■中国ビジネス法務Q&A(23)新しい「企業所得税法」:久田眞吾…532
■中国法令速報(114):大渕愛子…530
○EC企業法判例研究(97)~EC独占禁止法における「事業者」の概念:今野裕之…535
○ビジネスパーソンのための米カリフォルニア法実務講座(77):下田範幸…538
○(新連載)米国知財重要判例紹介①特許権侵害と差止命令:ユアサハラ法律特許事務所米国知財判例研究会…542
○ブラジルにおけるクラス・アクション(9・完):アントニオ・ジディ…547
○(和訳)モンゴル民法(19):瀬々敦子…554
○カンボディア王国民事訴訟法日本語条文案(強制執行編,保全処分編ほか)(13)…560
○〈小説〉トレード・ウォー~創作されるダンピング(65):鹿住一夫…565
■英文契約300のQ&A(133):長谷川俊明…574
■インターネット法判例紹介(107):平野 晋…576
■韓国法事情(78)消費者基本法について(中):金 祥洙…580
●ブラッセル・ウオッチ(139):I.ヴァンバール…578
●IBL情報 欧州委員会,エレベーター及びエスカレーターのカルテル参加企業に総額9億9000万ユーロ超の制裁金を課す,他…588
■海外見聞記(35)〈イエローストーンへの旅〉…584
●文献紹介 International Commercial Arbitration~To Focus on the Party Autonomy…546
◇渉外判例教室…464◇米英請負判例要覧…514◇最新文献情報…573◇オー!ミステイク…545◇ザ・ロースクール…526◇クリッピング…534◇事務局だより…592

購読ご希望の方は購読申込みフォーム

 機関誌「国際商事法務」一覧

目次の検索

現在地:トップページ機関誌「国際商事法務」